ご挨拶

第29回日本運動器科学会の開催にあたって

第29回日本運動器科学会
会長:赤居 正美
(国際医療福祉大学大学院 教授)

会員の皆様には、時節柄ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

この度、第29回日本運動器科学会の大会長にご指名いただき、来る2017年7月1日(土)に東京御茶ノ水・ソラシティカンファレンスセンター (〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6) において、学術集会を開催させていただくことになりました。会場はJR御茶ノ水駅から徒歩1分、ごく便利な場所にあり、ぜひ多くの先生方にお越しいただければと思っております。

今回の学会テーマは「超高齢社会における運動器疾患の治療向上を目指して」といたしました。国民の4人に1人が65歳以上となる超高齢社会に入った我が国にとって、2000年の制度導入以来、一貫して増え続けている介護保険認定者への対応は喫緊の課題です。要介護認定者の内容に注目すると、要支援を中心とする軽症例がその増加の多くを占めており、原因疾患に関しても筋骨格系の罹患となる運動器疾患が多くなります。ロコモティブシンドロームの提唱・啓発が重要となる背景であり、本学会においても繰り返し取り上げられているテーマではありますが、今回の学会でも、

  1. 特別講演
  2. 教育研修講演
  3. シンポジウム 3題
  4. 一般演題
  5. 学術プロジェクト研究成果発表
  6. 共催(ランチョン)セミナー 4題
  7. 器械展示 など。

といった構成の中で、超高齢社会における運動器疾患の諸問題を取り上げてまいりたいと思っております。

これから鋭意、プログラム内容を実りあるものに練り上げて参りますので、会員の皆様の多くのご参加をお待ち申し上げる次第です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

学会事務局

国際医療福祉大学大学院
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-3 青山1丁目タワー4・5階
TEL:03-6406-8621 FAX:03-6406-8622

運営事務局

株式会社レイ MICE事業部内
〒143-0006 東京都大田区平和島5-1-1 ヤマトインターナショナルビル
TEL:03-5767-9100 FAX:03-3766-1351