座長・演者の皆様へ

ご発表の先生方へ

演者は10分前までに各会場の次演者席に着席してください

発表時間

シンポジウム
口演15分程度、一括討論30分程度
学術プロジェクト研究成果発表
口演15分
一般演題
口演7分、討論3分

発表時間

  • PowerPoint によるPCプレゼンテーション(1面)のみとします。
  • 発表は、演台にモニター、マウス、キーボードを用意いたしますので、演者自身の操作で進めてください。
【PC受付】

ソラシティホール前
7月1日(土)8:00 ~ 17:00

発表30分前までに、PC受付で受付と映像出力チェックを完了してください。

  1. PCをご持参いただくか、データをUSBメモリースティックまたはCD-Rにてお持ちください。当日発表に使用するパソコンはWindows 7 です。データはMicrosoft PowerPoint 2003以上に対応いたします。また、念のためUSBメモリースティック、CD-Rでバックアップデータをお持ちいただきますようお願いいたします。
  2. Macintoshをご使用の場合は、必ずご自身のPC をお持ちください。動画データをご使用の方は、バックアップでPC本体をお持ちいただきますようお願いいたします。
  3. データの作成にあたり、特殊フォントを使用されますと代替フォントが使用され、レイアウトが崩れることがあります。特殊なフォントをお使いになるときは画像化し、オブジェクトとして貼り付けてください。
  4. 音声出力や動画出力がある場合は必ず係員にお申し出ください。出力解像度はXGA(1024×768)です。ワイドサイズで作成された場合は、左右の幅に合わせて(上 下は黒バック)映写されます。画面の設定をXGAに合わせてからレイアウトの確認をしてください。
  5. スクリーンセーバー、スリープモード等発表の妨げとなるモードは予めオフにしておいてください。
  6. 発表データに動画を含む場合は、データ作成後必ず別のPCでも正常に再生できることをご確認ください。
  7. データ持ち込み時、動画ファイルを内蔵しているデータの場合は、所定の動画フォルダに動画データが格納されていることをご確認ください。
  8. 「発表者ツール」を使用したご発表はできませんのでご留意ください。
  9. メディアを介したウイルス感染の事例がありますので、データは最新のウイルスソフトを使用してウイルスチェックを行ってください。
  10. データは学会終了後、事務局が責任を持って消去いたします。
【PC を持ち込まれる場合】
  1. 電源アダプターは必ずご持参ください。
  2. モニター出力端子にD-sub15ピンが装備されているものに限ります(薄型PCでは出力端子の規格が異なることがあります)。D-sub15ピンへの変換ケーブルが必要な場合は、必ずご持参ください。
  3. スクリーンセーバーや省電力機能など発表の妨げとなるモードは予めオフに設定してください。
  4. 「発表者ツール」を使用したご発表はできませんのでご留意ください。
  5. 万一に備え、別途バックアップデータをご持参ください。
  6. PC受付で外部出力及び動作確認を行った後、発表20分前までに次演者席付近に設置してあるPCデスクへPCを各自ご持参ください。PC受付ではお預かりいたしません。
  7. お持ち込みのPCは、オペレーター席にてミラーニングされます。演台上のモニター、マウス、キーボードを使用してください。
  8. お預かりしたPCは、講演終了後に会場内のオペレーター席にてご返却いたします。
  9. データは最新のウイルスソフトを使用してウイルスチェックを行ってださい。

利益相反(発表にあたって)

【演題発表時における利益相反(COI)の開示について】

日本運動器科学会は、平成23年2月に公表されました「医学研究のCOIマネージメントに関するガイドライン」(日本医学会)に則して、第28日本運動器科学会から発表者の皆さまに利益相反状態の開示を行っていただくことといたしました。ご理解のうえ、 よろしくお願いいたします。

なお、利益相反の有無にかかわらず、すべての発表者に開示していただく必要があり ますので、よろしくお願いいたします。

開示する対象者

筆頭発表者は、配偶者、一親等の親族、生計を共にする者も含めて、今回の演題発表に際して、臨床研究に関連する企業や営利を目的とした団体との経済的な関係についてCOI状態の有無を開示してください。

開示の方法

筆頭発表者は該当するCOI状態について、発表スライドの1枚目に過去1年における発表内容と関連のある企業との利益相反(COI)状態を項目別に基準額以上の場合に開示してください。開示書式は、「COI開示スライド例」を参考にしてください。

開示すべき項目と基準額

以下のいずれかに該当する場合は開示してください。

  1. 企業・法人組織や営利を目的とした団体の役員、顧問職については、1つの企業・組織や団体からの報酬額が年間100万円以上の場合。
  2. 株式の保有については、1つの企業についての1年間の株式による利益(配当、売却益の総和)が100万円以上の場合、あるいは当該全株式の5%以上を所有する場合。
  3. 企業・組織や営利を目的とした団体からの特許権使用料については、1つの権利使用料が年間100万円以上の場合。
  4. 企業や営利を目的とした団体から、会議の出席に対し、研究者を拘束した時間・労力に対して支払われた日当(講演料など)については、1つの企業・団体からの年間の講演料が合計50万円以上の場合。
  5. 企業・組織や営利を目的とした団体がパンフレットなどの執筆に対して支払った原稿料については、1つの企業・組織や団体からの年間の原稿料が合計50万円以上の場合。企業・組織や営利を目的とした団体が提供する研究費については、1つの企業・団体から臨床研究(受託研究費・共同研究費など)に対して支払われた総額が年間200万円以上の場合。
  6. 企業・組織や営利を目的とした団体が提供する奨学(奨励)寄付金については、1つの企業・組織や団体から、申告者個人または申告者が所属する部局(講座・分野)あるいは研究室の代表者に支払われた総額が年間200万円以上の場合。
  7. 企業・組織や営利を目的とした団体が提供する寄付講座に申告者らが所属している場合。その他、研究とは直接無関係な旅行、贈答品などの提供については、1つの企業・組織や営利を目的とした団体から受けた総額が年間5万円以上の場合。ただし、6・7については、筆頭発表者個人か、筆頭発表者が所属する部署(講座、分野)あるいは研究室などへ研究成果の発表に関連し、開示すべきCOI 関係にある企業や営利を目的とした団体などからの研究経費、奨学寄附金などの提供があった場合。

なお、本学会で発表する研究に対して、営利を目的としない団体または、企業・営利を目的とした団体から受けた金銭、物品、研究協力等の援助がある場合は、発表時に内容を明示してください。

座長の先生へ

  1. セッション開始の10分前までにご来場いただき、各会場の進行係にお申し出のうえ、次座長席にご着席ください。
  2. 進行は時間厳守でお願いいたします。

発言される皆様へ

  1. 座長の指示に従い、所属・氏名を述べ、簡潔に発言してください。
  2. 単なる追加発言はご遠慮ください。

学会事務局

国際医療福祉大学大学院
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-3 青山1丁目タワー4・5階
TEL:03-6406-8621 FAX:03-6406-8622

運営事務局

株式会社レイ MICE事業部内  ※2017年5月8日より移転致しました。
〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル
TEL:03-5413-3855 FAX:03-3475-8681